ラベル・シール印刷 データの作成方法

ラベル・シール印刷のデータ作成時にご留意いただきたい内容について、以下にまとめております。

弊社テクニカルガイドと併せてご確認くださいませ。

1. ご入稿いただけるデータの種類

弊社でオリジナルテンプレートをご用意しており、多くのアプリケーションでのご入稿に対応しております。

是非ダウンロードしてご利用ください。

なお、弊社では、Illustratorでのご入稿をオススメしております。

対応アプリケーションはこちら

2. テンプレートのダウンロード

弊社指定のテンプレートをダウンロードの上、ご使用ください。

※弊社テクニカルガイドはこちら

テンプレートのダウンロードページへ

3. Illustratorテンプレート使用時のデータ作成方法

データを作成いただく際には弊社指定テンプレートをご使用いただき、必ずデザインレイヤー内でデザインしてください。他のレイヤーを変更されますとデータ不備となり、商品のご到着が遅れる場合がございます。他のレイヤーは変更しないようご留意下さいませ。

デザインレイヤー
シールのデザインは全てこのレイヤー内で ご作成ください。
各シールサイズのテンプレートレイヤー
シールの断裁位置レイヤーになります。
断裁位置を決めるデータのため、変更しないでください。

4. 正確に印刷するためのポイント

Illustratorテンプレートデータの場合

  • 塗り足しガイド線
    仕上りサイズまで画像・背景色などがある場合は、塗り足しガイド線までヌリタシ(拡大・延ばすこと)をつけて下さい。
    断裁時の若干のズレにより紙の地色が出るのを防ぐためです。
  • 仕上りサイズガイド線
    シールの仕上りを示すガイド線です。
  • セーフライン
    文字などの必要な情報は、仕上りサイズから2mm以上内側に配置してください。

テンプレートデータを使用しない場合

  • 塗り足し
    仕上りサイズまで画像、背景色などがある場合はヌリタシ(拡大・延ばすこと)をつけて下さい。
    断裁時の若干のズレにより紙の地色が出るのを防ぐためです。
    ※注意事項
    テンプレートの塗り足しは「2.5mm」ですが、テンプレートをご利用されない場合の塗り足しは「3mm」でお願いいたします。

5. データ作成時の注意事項

  • Illustratorテンプレートご利用の際は、デザインレイヤー内ですべてのデザインを完成させてください。
  • テンプレートをご利用されない場合も、不要なレイヤー・データは削除してご入稿いただきますようお願いいたします。
  • 小さな文字については、可読性を損なう可能性がございます。4pt以上の大きさでの設定をお勧めします。
  • 仕上りガイドよりも外側にある必要のない文字やオブジェクトについては、削除していただくようお願いいたします(塗り足しをのぞく)。

6. 入稿前に必ずCheck!

  • 文字のアウトラインはされましたか?
  • ヌリタシはつけてありますか?
  • 画像は、CMYK(カラー)、グレースケール(1色)、モノクロ2階調(1色)のいずれかになっていますか?※RGBモードは×です、注意して下さい
  • 使用されている画像の解像度は、実際使用されるサイズで300~400pixel/inchくらいになっていますか?
  • 使用されている画像はEPSもしくはPSD形式で保存されていますか?
  • スウォッチ、ブラシ、シンボル、ドロップシャドウを使用したものはラスタライズ化するか分割・拡張、透明部分を分割・拡張して下さい。
  • 保存形式の互換性は必ず作成されましたバージョンで保存して下さい。
  • 透明効果を使用されている画像は全て画像を埋め込みをしてください。
※Adobe Illustrator CSでの作成について
フォントのアウトライン化有無は「選択→オブジェクト→テキストオブジェクト」で確認してください。
リンクに使用しているEPS画像はASCII形式で保存したものを使用してください。