messengers close

Printpac Roots プリントパックのルーツ

プリントパックは、たくさんの想いを
伝えるために生まれた

 約50年前、現在の会長が数名の仲間とともに創業。私どもの会長は子供のころから独立する、商売をするということを強く決意してきたと言います。当時はまだ印刷工程のごく一部(刷版と呼ばれる工程)のお仕事からのはじまりでした。

 創業当初から商品に対する思い入れはすさまじいものがありました。当時同業の間でのペケ(不良品)発生率は10~20%(つまり100の仕事をして10~20の不良品発生)であったそうですが、当社は半年に1つ出るかどうか(0.01%以下?)という状態。狭い業界ゆえ、噂が広がり自然に仕事が集まったと言います。

 当時からの社員(現在の役員)の話によると、「そりゃあ、うちではミスはまず出なかった。社内で検査をして、少しでも疑わしいものはすべてやりかえたから。」と懐かしそうにほこらしげに語っています。

 そのような状態からスタートし、印刷工程のごく一部というレベルから徐々にその幅を広げていく中で、自社の会社案内を作りたいという話が持ち上がりました。
50年ほど前のことです。

そこで、馴染みのあるデザイン会社に見積りを依頼したところ、その金額に愕然としました。印刷に関わる当社でさえも自社の印刷物をつくることを諦めなければならないほどの高額な金額でした。当時は会社案内というのはいわゆる誰もが知るような大手企業しか作っていなかったと言います。
うちみたいな規模の会社には、とても勇気のいる投資になってしまう。
私たちが仕事をさせてもらっているこの"印刷"という世界、これからどうあるべきなんやろう?とこの時感じ、私たちは思いました。

  • ■ 印刷物を作ろうと思えば、それなりのお金がかかってしまう。お金のある会社は作れるが、逆に言えばお金がなければ作れない。欲しいと思われる方が、気軽に手軽に印刷物を手に入れられるようにしたい。
  • ■ このままいくと、印刷は敷居の高いものになってしまうのではないか。一部の人だけのものになり、印刷は普及しない恐れもある。印刷の持つぬくもり、良さをもっと広く普及させる存在になりたい。
  • ■ 欲しいと思われる方が、手軽に気軽に手に入れられるようにしたい。もっと印刷の持つ良さを広めていきたい。印刷の普及に一役かえるような会社を作っていこう!そのために、何年かかっても、社内で一貫制作できる体制をつくり上げなければ・・・。

このとき感じた私たちの想いが、
「インターネット印刷通販 プリントパック」の原点になっています。

 それから30年、印刷に関わるすべての工程を一つ一つ立ち上げてきました。
ようやく「気軽につくれる価格」で「どこにも負けないスピード」と「50年のこだわりの品質」をもった印刷物をお届けできる自社内一貫制作体制を構築。
Mac・Windowsの普及等に伴い、誰もがデザイン専用ソフトがなくてもデザインできる仕組みをつくりました。安心して注文いただけるシステムを作り上げることができ、インターネットを窓口とした印刷通販サービス「プリントパック」を立ち上げるに至りました。

 2002年9月に印刷通販をスタートして以来、おかげさまで、ごひいきにしていただけるお客様も増えてまいりました。一般企業・商店・個人の方だけでなく、ありがたいことに、デザイン・印刷といったプロの方にも何度もご利用いただけるようになってきています。(1年間に累計100回以上のご注文をいただいているお客様もおられます。)

 また、ご利用いただいたお客様からも、毎日お喜びの声を多数いただくようになりました。逆に、立ち上げ当初から現在に至るまで、「ここは使いにくい」「もっとこういうことはできないの?」といったご要望もいただけるようになり、一歩ずつ改善を進めております。おかげさまで皆様に育てていただき、何とか軌道に乗ってきた今、私たちは今一度「初心」を確認したいと思っています。

•欲しいと思われる方が、気軽に手軽に印刷物を手に入れられるようにしたい。 •印刷の持つ良さをもっと広く普及させる存在になりたい。 •心のこもった商品を作ろう。

志(こころざし)を確認し、ご発注いただいた方・お付き合いいただいたお客様お一人おひとりにとって、日本で一番お役に立てる印刷通販会社を目指します。

株式会社プリントパック
スタッフ一同